人損事故における積極損害に対する賠償

交通事故を原因として被害者が支出を余儀なくされる費用を積極損害と呼びます。一例として、応急手当費や入院料などの治療関係費、器具代、将来介護費、弁護士費用などがあります。

後遺障害の結果、今後必要になる諸経費について平均余命の分の請求を行うことができる場合があります。具体的には、おむつ代、カテーテル代、コンタクトレンズ代などが考えられます。   治療期間中の入院雑費については一日……続きを読む

交通事故によって生じた後遺障害により、四肢麻痺、植物状態、重度の高次脳機能障害になった場合等には、将来の介護費用が膨大なものとなることが予測でき、その不安は図り知ることができません。   裁判上、医師の指示や症……続きを読む

弁護士に依頼して裁判をした場合には、請求が認められた額の10%程度を弁護士費用として相手方に請求できるとするのが原則です。 例えば、1000万円の損害賠償が認められるというときには、100万円を弁護士費用として、合計11……続きを読む

治療費に含まれるもの、含まれないもの       交通事故によって怪我をして診療を受けた場合、裁判で損害賠償が認められるのは、必要かつ相当な実費額全額です。   1 その診療が、怪……続きを読む

「入院雑費 ~1日あたり1500円~」   交通事故で怪我をして入院をしたら何かと費用がかかるので心配です。   裁判では原則として 入院一日あたり、1500円 の損害賠償を請求することが認められてい……続きを読む

付添看護費 入院や通院に付き添った場合に請求できる金額     事故に遭って困難を強いられるのは被害者の家族も同じです。   家族等の近親者が   入院に付き添った場合、1日あたり……続きを読む

通院交通費、宿泊費等  ~タクシー代、電車代、ガソリン代、宿泊代~     交通事故によるケガで病院に行かざるをえなくなった場合の交通費について以下のように整理してみました。 交通費は、家族等の付添人……続きを読む

装具、器具等購入費     交通事故によってケガをして、ケガをの治療中や将来にわたって装具や器具等が必要になる場合があります。これらにかかったもののうち、通常必要であると認められるものは、その賠償が認……続きを読む

1 自宅・自動車等改造費用 被害者の症状、後遺障害の程度等から必要と認められる場合には、自宅(風呂、トイレ、出入り口、エレベーター、段差等)、自動車等の改造費の賠償が認められます。 将来改造が必要になる場合には、その改造……続きを読む

1 葬儀費用 交通事故の被害者が死亡してしまった場合、葬儀費用は原則として150万円認められます。   裁判例では、実際にかかった費用を参照し、170万円~250万円を認める事例も沢山あります。 保険会社に対し……続きを読む

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら

東京オフィス(本部)

銀座線 半蔵門線
大江戸線
青山一丁目駅 5・1出口 徒歩4分
〒107-0062
東京都港区南青山2-6-12
アヌシー青山5F

大阪オフィス

堺筋線
堺筋本町駅 17出口 徒歩2分
御堂筋線
本町駅 3・7出口 徒歩5分
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13
大阪国際ビルディング31F
ページTOPへ