人損事故における消極損害に対する賠償

交通事故がなければ、本来被害者が得ていたはずの経済的利益・収入のことを指します。傷害のために仕事を休んだことで利益を得られなかった場合の休業損害や、交通事故がなければ得られていたであろう将来の利益である逸失利益などがあげられます。

交通事故によって仕事を休まざるを得なくなった場合には、休んだことによる収入減については、休業損害として賠償請求が認められます。   重要なポイントは以下です。 ・  賠償が認められるのは現実に減った収入額です。……続きを読む

交通事故により後遺障害が残った場合、将来仕事に支障を来たすことが考えられます。 その後遺障害がなければ100%の労働能力で定年まで働くことができたはずです。 後遺障害による逸失利益では、何%の労働能力が、いつまで失われ、……続きを読む

どんな人であれ、生きていれば、将来財産を築くことが可能であったはずです。 生きていれば収入があり、逆に生活費もかかります。 死亡による逸失利益を考える上では、その人が将来稼ぐことができた金額から、将来使うはずだった金額を……続きを読む

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら

東京オフィス(本部)

銀座線 半蔵門線
大江戸線
青山一丁目駅 5・1出口 徒歩4分
〒107-0062
東京都港区南青山2-6-12
アヌシー青山5F

大阪オフィス

堺筋線
堺筋本町駅 17出口 徒歩2分
御堂筋線
本町駅 3・7出口 徒歩5分
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13
大阪国際ビルディング31F
ページTOPへ