過失

交通事故において、被害者にも過失がある場合がその事故による損失を加害者側が全て負担するのは公平とは言えないため、どちらにどれくらい過失があったかによって損害賠償金額が異なってきます。本項目では、具体例を用いて過失についての説明を行います。

1 単車 単車の運転者に課されている義務は、基本的には四輪の運転手と変わりませんが、被害者が単車に乗車していた場合、四輪の運転者よりも被害を受けやすい立場にあります。 そのために、単車と四輪車の事故の過失相殺に当たっては……続きを読む

1 自転車が被害者となる事故の過失 自転車は、道路交通法上は「軽車両」に当たり、車両として扱われます(法2条1項11号、同項8号)。 例えば、交差点では、優先道路から進行する車両の進路妨害をしてはならない等(法36条2項……続きを読む

1 交差点における直進者同士の出会い頭の事故 (1)信号機による交通整理が行われている交差点での事故 ア 青信号者と赤信号車との事故 信号機の設置された交差点では、運転手は信号機の表示に従わなければなりません(道交法7条……続きを読む

1 過失相殺について 交通事故において、被害者の側にも事故発生の原因となる何らかの落ち度、すなわち過失があった場合、被害者が請求する賠償金が減額されることがあります(民法722条2項)。 これを過失相殺といい、損害の公平……続きを読む

1 横断歩行者の事故 ⑴ 横断歩道上の事故 ア 信号機の設置されていない横断歩道上の事故 車両の運転手は、横断歩道に接近する場合、横断歩道を横断しようとする歩行者がないことが明らかな場合を除いて、横断歩道の直前で停止する……続きを読む

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら

東京オフィス(本部)

銀座線 半蔵門線
大江戸線
青山一丁目駅 5・1出口 徒歩4分
〒107-0062
東京都港区南青山2-6-12
アヌシー青山5F

大阪オフィス

堺筋線
堺筋本町駅 17出口 徒歩2分
御堂筋線
本町駅 3・7出口 徒歩5分
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13
大阪国際ビルディング31F
ページTOPへ