時効

交通事故においても時効は存在し、被害者が損害及び加害者を知った時から3年の間に損害賠償請求権を行使しない場合には、加害者に対する損害賠償請求権が失効してしまいます。起算日や中断などが存在しますので注意が必要です。

時効の起算点に関して、初日不算入や満了点の説明や判例など   1 時効期間について 被害者が損害及び加害者を知った時から3年間、損害賠償請求権を行使しないときには、加害者に対する損害賠償請求権は、時効によって消……続きを読む

時効の中断について、時効中断の請求方法、判例など   時効の中断   1 時効の中断事由 消滅時効の中断事由が生じると、それまで経過した時効期間が効力を失います。名称は「中断」ですが、それまでに進行し……続きを読む

時効完成後の承認、加害者請求の時効成立後、加害者の時効 など     1 時効完成後の自認行為 消滅時効が完成した後でも、加害者が被害者に対して、損害賠償債務を承認した場合には、判例上、信義誠実の原則……続きを読む

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら

東京オフィス(本部)

銀座線 半蔵門線
大江戸線
青山一丁目駅 5・1出口 徒歩4分
〒107-0062
東京都港区南青山2-6-12
アヌシー青山5F

大阪オフィス

堺筋線
堺筋本町駅 17出口 徒歩2分
御堂筋線
本町駅 3・7出口 徒歩5分
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13
大阪国際ビルディング31F
ページTOPへ