RSD

RSD(Reflex Sympathetic Dystrophy)とは、反射性交感神経ジストロフィー・反射性交感神経萎縮症と呼ばれ、交通事故での怪我が治癒したのにも関わらず、痛みが続く状態のことを言います。RSDは関節拘縮、骨の萎縮、皮膚の変化の3点により判断されます。

この記事は近日公開予定です。

RSDとは、反射性交感神経ジストロフィーないしは反射性交感神経萎縮症と呼ばれる、神経因性疼痛(神経系の障害等)の代表的なものです。 この病気は、周囲に理解されにくく、また、医師でも発見しにくいという問題点があります。RS……続きを読む

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら

東京オフィス(本部)

銀座線 半蔵門線
大江戸線
青山一丁目駅 5・1出口 徒歩4分
〒107-0062
東京都港区南青山2-6-12
アヌシー青山5F

大阪オフィス

堺筋線
堺筋本町駅 17出口 徒歩2分
御堂筋線
本町駅 3・7出口 徒歩5分
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13
大阪国際ビルディング31F
ページTOPへ