その他特殊パターン

後遺障害があるのにも関わらず、減収がない場合を始めとする特殊なケースにおいて損害賠償金額や判例などを紹介しています。

● 後遺障害があるのに減収がない場合、逸失利益は認められるか? 交通事故により被害者に後遺障害が残った場合でも、事故からしばらくの間、減収がないケースがあります。 事故前よりも収入が減少した差額部分だけが逸失利益として損……続きを読む

体質的素因減額の場合の具体例、判例の紹介   ● 素因減額について 被害者の体質・持病等の身体的な特徴が、損害の発生や拡大に影響している場合、損害額の算定に当たって、この被害者の身体的特徴を考慮することができる……続きを読む

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら

東京オフィス(本部)

銀座線 半蔵門線
大江戸線
青山一丁目駅 5・1出口 徒歩4分
〒107-0062
東京都港区南青山2-6-12
アヌシー青山5F

大阪オフィス

堺筋線
堺筋本町駅 17出口 徒歩2分
御堂筋線
本町駅 3・7出口 徒歩5分
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13
大阪国際ビルディング31F
ページTOPへ