後遺障害等級における賠償金額ケーススタディ

後遺障害等級により、賠償金額は異なってきます。本項目では等級や後遺障害が残った部分などに異なる賠償金額ケーススタディを紹介します。

腹部臓器を含む胸腹部臓器の障害の等級は以下のようになっています。 別表第1(介護を必要とするもの) 第1級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 第2級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し……続きを読む

生殖器を含む胸腹部臓器の障害の等級は以下のようになっています。 別表第1(介護を必要とするもの) 第1級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 第2級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、……続きを読む

1 循環器を含む胸腹部臓器の障害の等級は以下のようになっています。 別表第1(介護を必要とするもの) 第1級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 第2級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残……続きを読む

泌尿器を含む胸腹部臓器の障害の等級は以下のようになっています。 別表第1(介護を必要とするもの) 第1級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 第2級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、……続きを読む

神経系統の機能又は精神の障害は、非常に多岐に渡ります。このサイトでは、ご相談が多い脳の障害(特に高次脳機能障害)と脊髄の障害を個別に取り上げ、その他の障害をまとめてご説明します。 ここでは、高次脳機能障害を中心として、脳……続きを読む

ここでは、神経系統の障害のうち、せき髄損傷を取り上げます。   せき髄の障害 1、せき髄の損傷による後遺障害 せき髄の損傷(第2腰椎以下のせき柱内の馬尾神経が損傷された場合も含みます。以下も同様とします。)によ……続きを読む

呼吸器を含む胸腹部臓器の障害の等級は以下のようになっています。 別表第1(介護を必要とするもの) 第1級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 第2級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、……続きを読む

手指の障害については、「欠損障害」と「機能障害」に分けられます。 後遺障害認定等級では、5種類の指のうち、母指(=親指)の障害が重く評価され、その他の指の障害との間で差があります。また、小指のみの障害については、示指(=……続きを読む

足指の障害については、「欠損障害」と「機能障害」に分けられます。 後遺障害認定等級では、5種類の指のうち、第1指の障害が重く評価され、その他の指の障害との間で差があります。また、第2指の障害については、第3から第5指の障……続きを読む

鼻の障害としては、鼻の欠損と鼻の機能(嗅覚、鼻呼吸困難)の障害があります。 ・鼻の欠損について 「鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの」については、9級5号として認定されます。 ここで、「鼻の欠損」とは、鼻軟骨部の……続きを読む

俗に言う植物状態を指し、重度の昏睡状態(日本脳神経外科学会の定義による)のことを言います。後遺障害等級1級に分類されると、回復の見込みは数%と言われています。本項目では事例なども交え、適切な損害賠償を受けるための知識を説明します。

RSD

RSD(Reflex Sympathetic Dystrophy)とは、反射性交感神経ジストロフィー・反射性交感神経萎縮症と呼ばれ、交通事故での怪我が治癒したのにも関わらず、痛みが続く状態のことを言います。RSDは関節拘縮、骨の萎縮、皮膚の変化の3点により判断されます。

後遺障害があるのにも関わらず、減収がない場合を始めとする特殊なケースにおいて損害賠償金額や判例などを紹介しています。

適切な損害賠償を受け取るためには、後遺障害等級について忘れてはならないポイントが存在します。本項では、そのポイントについてわかりやすく説明します。

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら
ページTOPへ