後遺障害に関する基礎知識

後遺障害とは、交通事故により身体に傷害を被った結果生じてしまう、将来的に回復の見込みの無い障害のことを指します。障害の態様により14等級に分類されており、賠償金や慰謝料は等級により定められています。

損害賠償によって受け取れる金額がライプニッツ係数によって計算されます。本項目ではライプニッツ係数による計算やその判例をわかりやすく説明しています。

交通事故による後遺障害は16等級142項目に階級分けされており、階級によって損害賠償額が異なります。適切な認定を受けるには正しい知識が必要です。本項ではそのために最低限知っておきたい知識をまとめています。

高次脳機能障害とは脳に損傷を受けることで引き起こされる神経心理学症状のことを言います。記憶傷害や注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの症状が見られます。外傷が見られないため、適切にこの傷害と認定されるのは難しい場合がありますので、注意が必要です。

後遺障害等級により、賠償金額は異なってきます。本項目では等級や後遺障害が残った部分などに異なる賠償金額ケーススタディを紹介します。

逸失利益(事故が起きなければ得られていたと考えられる利益のこと)の算定の際に問題が起こりうる後遺症について具体例を交えて詳しく説明しています。この後遺症には、外貌醜状や味覚障害、脊柱変形などが考えられます。

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら

東京オフィス(本部)

銀座線 半蔵門線
大江戸線
青山一丁目駅 5・1出口 徒歩4分
〒107-0062
東京都港区南青山2-6-12
アヌシー青山5F

大阪オフィス

堺筋線
堺筋本町駅 17出口 徒歩2分
御堂筋線
本町駅 3・7出口 徒歩5分
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13
大阪国際ビルディング31F
ページTOPへ