各種保険・制度の基礎知識

一般的によく知られる保険は任意保険と自賠責保険ですが、その他にも人身傷害保険や無保険車傷害保険など聞きなれない保険もあります。被害者になった場合にはそれぞれどういう役割があり、自分のケースはどれにあたるのか把握しておくことが大切です。

自賠責保険は自動車を使用する場合に契約が義務付けられている保険で、強制保険と言われます。自賠責保険は人損事故による被害者に対して最低限の賠償を目的しており、その倍賞は十分とは言えず、また、物損事故に対しては適用されません。本項目ではそんな自賠責保険に関する基礎知識をまとめました。

強制保険である自賠責保険に対して、自動車利用者が任意で加入する保険が任意保険と言われます。多くの人が任意保険に加入しており、強制保険での賠償範囲を超える場合に任意保険が適用されます。

労働者災害補償保険法を労災保険と呼び、業務上においての災害や通勤中の災害により労働者が交通事故にあった場合などに保険金の給付が行われます。本項目では労災保険に適用される条件などを紹介します。

ひき逃げや無保険事故を始めとする自賠責保険の対象にならない事故の被害者が、その他の保険による給付を受けてもなお損害が残る場合の最終救済措置が政府保証事業です。通常の賠償請求とは異なる点があるので注意しましょう。

人身傷害保障保険とは、保険契約を結んでいる車に乗って事故に巻き込まれた搭乗者が怪我などを負った際に受け取れる保険金です。聞きなれない言葉ですので、ご自身に当てはまるかどうかなど、注意が必要です。

加害者が無保険だった場合、損害賠償額を被害者側が加入している任意保険の無保険車傷害条項に基づき請求することが可能です。請求方法や請求可能な要件を説明しています。

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら

東京オフィス(本部)

銀座線 半蔵門線
大江戸線
青山一丁目駅 5・1出口 徒歩4分
〒107-0062
東京都港区南青山2-6-12
アヌシー青山5F

大阪オフィス

堺筋線
堺筋本町駅 17出口 徒歩2分
御堂筋線
本町駅 3・7出口 徒歩5分
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13
大阪国際ビルディング31F
ページTOPへ