よくある質問集・事例集

交通事故に関するよくご相談される内容や事例をまとめています。一般的な質問・事例から逸失利益、過失割合などの判断が難しい部分を実際にあった事例をもとに紹介します。

交通事故が発生した際、自分で保険会社とやり取りする場合でも弁護士にお願いする場合でも留意・注意すべきポイントがあります。そのポイントを本項目ではまとめました。

交通事故の加害者には刑事責任、行政責任、民事責任の3種類がそれぞれ発生する可能性があります。事故の内容によっては大きな責任を追うことになりますので、必ず安全運転を心がけましょう。

任意保険とは、自動車を利用する際の強制保険である自賠責保険に対して、任意で加入する保険を言います。任意保険についてのよくある質問をまとめました。

交通事故の被害者が亡くなった場合には、その相続人が損害賠償の請求を行うことが可能です。こちらでは、どういった場合に相続人として請求を行うことができるかなどの事例を紹介します。

知識の無い状況で保険会社との示談交渉に望むと不利な条件での示談となってしまうことがあります。交渉相手が保険会社の場合は特に注意が必要です。正しい知識を身につけ、発生した損害に相応の賠償が得られるような示談成立を目指しましょう。

被害者・加害者の双方に過失がある場合には、どちらにどれくらい過失があったかを割合で決定し、損害賠償額を決定します。ケースによって異なりますので、事例などを参考にご自身の場合はどうなのかを確認しましょう。

休業損害とは交通事故により休業を余儀なくされた場合に、その期間に得ることができるはずだった収入のことを言う、消極損害の一つです。その損害を計算し、加害者に対して賠償請求が可能です。

後遺症のうち、一定の条件を満たしたものを後遺障害として認定されます。また後遺障害には等級が存在し、症状や傷害の重さによって定められています。等級によって賠償金額が大きく変わってきますので、注意が必要です。

逸失利益は交通事故が無ければ得られたであろう利益を示します。逸失利益は計算式により導かれますが、保険会社が提示する逸失利益は妥当でない場合があります。よくある質問をまとめましたので、適切な逸失利益となっているか参考にしてみてください。

物損事故において、よく相談を受ける質問や事例をまとめました。物損事故かと思われていても、人損事故に切り替わることなどがありますので注意しましょう。

交通事故における一般的な質問をまとめています。ひき逃げや当て逃げがどのような状況を指すのかという点や弁護士を用いた交通事故の賠償請求の流れなど、交通事故にあった後では遅い今すぐにでも知っておきたい質問・事例を紹介します。

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら

東京オフィス(本部)

銀座線 半蔵門線
大江戸線
青山一丁目駅 5・1出口 徒歩4分
〒107-0062
東京都港区南青山2-6-12
アヌシー青山5F

大阪オフィス

堺筋線
堺筋本町駅 17出口 徒歩2分
御堂筋線
本町駅 3・7出口 徒歩5分
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13
大阪国際ビルディング31F
ページTOPへ