足指について

足指の障害については、「欠損障害」と「機能障害」に分けられます。

後遺障害認定等級では、5種類の指のうち、第1指の障害が重く評価され、その他の指の障害との間で差があります。また、第2指の障害については、第3から第5指の障害よりも重く扱われています。

 

足指の欠損障害

 

5級8号    両足の足指の全部を失ったもの
8級10号   1足の足指の全部を失ったもの
9級14号   1足の第1の足指を含み2本以上の足指を失ったもの
10級9号   1足の第1の足指又は他の4本の足指を失ったもの
12級11号  1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2本の足指を失ったもの

第3の足指以下の3本の足指を失ったもの

13級9号   1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの

 

足指の機能障害

 

7級11号    両足の足指の全部の用を廃したもの
9級15号    1足の足指の全部の用を廃したもの
11級9号    1足の第1の足指を含み2本以上の足指の用を廃したもの
12級12号    1足の第1の足指又は他の4本の足指の用を廃したもの
13級7号    1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2本の足指の用を廃したもの

第3の足指以下の3本の足指の用を廃したもの

14級10号   1足の第3の足指以下の1本又は2本の足指の用を廃したもの

 

 

1 欠損障害

「足指を失ったもの」がこれに該当します。

事故により失われたのがどの指か、何本かによって、5級から13級までの等級が定められています(下記の図を参照)。

具体的には、中足指節関節から失ったもの(足指の付け根から先がなくなった状態)が該当します。

中足指節関節とは、足の指の付け根にある関節で、中足骨と指節骨の間の関節という意味です。

 

2 機能障害

「足指の用を廃したもの」がこれに該当します。具体的には、次の場合に後遺障害として認定されることになります。また、何本の指に障害が残ったかによって、認定される等級は異なります(下記の表を参照して下さい)。

⑴ 第1指の場合

ア 末節骨の長さの1/2以上を失ったもの

末節骨とは、足の先端にある骨のことです。

イ 中足指節関節または指節間関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されるもの

指節間関節とは、足指の間にある関節のことで、第1指の場合は1つです(なお、他の指には、関節が2か所あり、付け根から遠い方の関節を「遠位指節間関節」、付け根に近い方の関節を「近位指節間関節」と言います。)。

⑵ 第1指以外の指の場合

ア 中足骨もしくは基節骨を切断したもの、または遠位指節間関節もしくは近位指節間関節において離断したもの

イ 中足指節間関節または近位指節間関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されるもの

 

 

欠損障害 機能障害
5級 両足指全部
6級
7級 両足指全部
8級 一方の足の指全部
9級 第1指+他の指1本  一方の足の指全部
10級 第1指のみ
第1指以外の4本全部
11級12級 第1指+他の1指以上
第2指のみ 第1指のみ
第2指+1指 第1指以外の4本全部
第3指・第4指・第5指の3本全部
13級 第3指・第4指・第5指のうち1本か2本 第2指のみ
第2指+1指
第3指・第4指・第5指の3本全部
14級 第3指・第4指・第5指のうち、1本か2本

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら
ページTOPへ