神経症状について

頚椎捻挫、腰椎捻挫などの むち打ちや、骨折等により後遺症が残った場合には、後遺障害等級12級13号または14級9号に該当する可能性があります。

局部の神経系統の障害は、以下の2つがあります。

 

12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号:局部に神経症状を残すもの

12級は、後遺障害の存在が医学的に証明できるときに認定されます。その際は、MRI等の画像所見が極めて重要になります。この画像所見が、実際の痛みやしびれなどの症状と一致するかが認定のポイントです。その他、神経学的検査による異常所見との整合性も考慮されます。

他方、画像所見が認められなければ、14級か非該当になります。両者の区別は微妙ですが、後遺障害の存在が医学的に説明できるときに、14級となり、それもできなければ、非該当となります。

 

労働能力喪失期間

労働能力喪失期間は原則として症状固定時から67歳までとされています。しかしながら、頸椎捻挫や腰椎捻挫による神経障害の後遺障害において、67歳までの労働能力喪失期間を認める例は、少なく、一般に、12級は10年、14級は5年とされています。

これは、むちうちなどは、一般的に、その程度の期間が経過すれば治癒してくることが多いためです。ですので、やむを得ない面もあります。

しかし、あくまで一般的にそのような傾向が見られるだけであり、個別の事例において、上記以上の期間が認められないわけではありません。

例えば、14級だけどもすでに6年痛みが続いている段階で、まだ賠償金の支払いがすんでいないのならば、労働能力喪失期間を5年に限定するのは明らかに事実に反しています。そのほか、後遺症の内容・症状によって、労働能力喪失期間を限定するべきでない場合もあります。

このあたりの判断は、多分に専門的な知識を必要とするので、専門家に相談するのが得策です。

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら
ページTOPへ