生殖器の障害について

生殖器を含む胸腹部臓器の障害の等級は以下のようになっています。

別表第1(介護を必要とするもの)

第1級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

第2級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

別表第2(その他の後遺障害)

第3級第4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服するこ

とができないもの

第5級第3号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の

労務に服することができないもの

第7級第5号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服す

ることができないもの

第7級第13号 両側のこう丸を失ったもの

第9級第11号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が

相当な程度に制限されるもの

第9級第17号 生殖器に著しい障害を残すもの

第11級第10号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の

支障があるもの

第13級第11号 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

2生殖器の障害 の障害等級決定の基準

生殖器の障害については、次により障害等級を決定するものとされています。

ア 生殖機能を完全に喪失したもの

(ァ) 両側のこう丸を失ったものは、第7級

(ィ) 次のaからcに該当するものは第7級を準用する

とされています。

a 常態として精液中に精子が存在しないもの

b 両側の卵巣を失ったもの

c 常態として卵子が形成されないもの

イ 生殖機能に著しい障害を残すもの(生殖機能は残存しているものの、通常の

性交では生殖を行うことができないものが該当するとされています。)

次のものは、第9級とされています。

(ァ) 陰茎の大部分を欠損したもの(陰茎を膣に挿入することができないと認

められるものに限ります。)

(ィ) 勃起障害を残すもの

「勃起障害」とは、次のいずれにも該当するものをいうとされています。

a 夜間睡眠時に十分な勃起が認められないことが「リジスキャン」によ

る夜間陰茎勃起検査により証明されること

b 支配神経の損傷等勃起障害の原因となり得る所見が次に掲げる検査の

いずれかにより認められること

(a) 会陰部の知覚、肛門括約筋のトーヌス・自律収縮、肛門反射及び球

海綿反射筋反射に係る検査(神経系検査)

(b) プロスタグランジンE1海綿体注射による各種検査(血管系検査)

(ゥ) 射精障害を残すもの

「射精障害」とは、次のいずれかに該当するものをいうとされています。

a 尿道又は射精管が断裂していること

b 両側の下腹神経の断裂により当該神経の機能が失われていること

c 膀胱頸部の機能が失われていること

(エ) 膣口狭さくを残すもの(陰茎を膣に挿入することができないと認められ

るものに限ります。)

(ォ) 両側の卵管に閉塞若しくは癒着を残すもの、頸管に閉塞を残すもの又は

子宮を失ったもの(画像所見により認められるものに限ります。)

ウ 生殖機能に障害を残すもの(通常の性交で生殖を行うことができるものの、

生殖機能に一定以上の障害を残すものが該当するとされています。)

狭骨盤又は比較的狭骨盤(産科的真結合線が10.5cm未満又は入口部横径が

11.5cm未満のもの)は、準用等級第11級ととされています。

エ 生殖機能に軽微な障害を残すもの(通常の性交で生殖を行うことができるも

のの、生殖機能にわずかな障害を残すものが該当する。)で(ァ)又は(ィ)に該当

するものは、準用等級第13級とされています。

(ァ) 一側のこう丸を失ったもの(一側のこう丸の亡失に準ずべき程度の萎縮

を含むとされています。)

(ィ) 一側の卵巣を失ったもの

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら
ページTOPへ