循環器の障害について

1 循環器を含む胸腹部臓器の障害の等級は以下のようになっています。

別表第1(介護を必要とするもの)

第1級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

第2級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

別表第2(その他の後遺障害)

第3級第4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服するこ

とができないもの

第5級第3号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の

労務に服することができないもの

第7級第5号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服す

ることができないもの

第7級第13号 両側のこう丸を失ったもの

第9級第11号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が

相当な程度に制限されるもの

第9級第17号 生殖器に著しい障害を残すもの

第11級第10号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の

支障があるもの

第13級第11号 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

2 循環器の障害の障害等級決定の基準

循環器の障害

ア 心機能が低下したもの

心筋梗塞、狭心症、心臓外傷等の後遺症状により心機能が低下したものの

障害等級は、心機能低下による運動耐容能の低下の程度により、次のとおり

認定するものととされています。

(ァ) 心機能の低下による運動耐容能の低下が中等度であるものは、第9級とされています

おおむね6METs(メッツ)を超える強度の身体活動が制限されるものがこれに該当します

例えば 平地を健康な人と同じ速度で歩くのは差し支えないものの、平地を急

いで歩く、健康な人と同じ速度で階段を上るという身体活動が制限される

もの があります

(ィ) 心機能の低下による運動耐容能の低下が軽度であるものは、第11級とされています

おおむね8METsを超える強度の身体活動が制限されるものがこれに該当します

例えば 平地を急いで歩く、健康な人と同じ速度で階段を上るという身体活動

に支障がないものの、それ以上激しいか、急激な身体活動が制限される

もの があります

(注) 心機能が低下したものは、次のいずれにも該当する場合を除き、通常、

療養を要するものとされています

a 心機能の低下が軽度にとどまること

b 危険な不整脈が存在しないこと

c 残存する心筋虚血が軽度にとどまること

イ 除細動器又はペースメーカを植え込んだもの

(ァ) 除細動器を植え込んだものは、第7級

(ィ) ペースメーカを植え込んだものは、第9級

とされています

(注) 除細動器又はペースメーカを植え込み、かつ、心機能が低下したもの

は、併合の方法を用いて準用等級を定めるものとされています。

ウ 房室弁又は大動脈弁を置換したもの

(ァ) 継続的に抗疑血薬療法を行うものは、第9級

(ィ) (ァ)に該当しないものは、第11級

とされています

エ 大動脈に解離を残すもの

偽腔開存型の解離を残すものは、第11級とされています。

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら
ページTOPへ