呼吸器の障害について

呼吸器を含む胸腹部臓器の障害の等級は以下のようになっています。

別表第1(介護を必要とするもの)

第1級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

第2級第2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

別表第2(その他の後遺障害)

第3級第4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服するこ

とができないもの

第5級第3号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の

労務に服することができないもの

第7級第5号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服す

ることができないもの

第7級第13号 両側のこう丸を失ったもの

第9級第11号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が

相当な程度に制限されるもの

第9級第17号 生殖器に著しい障害を残すもの

第11級第10号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の

支障があるもの

第13級第11号 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

2 呼吸器の障害の障害等級決定の基準

呼吸機能に障害を残したものの障害等級は、原則として下記アにより判定さ

れた等級に決定するものとされています。ただし、その等級がイ又はウにより判定され

た等級より低い場合には、イ又はウにより判定された等級により決定すること

とされています

なお、アにより判定された等級が第3級以上に該当する場合は、イ又はウに

よる判定を行う必要はないとされています。

また、スパイロメトリーを適切に行うことができない場合は、イによる判定

を行わないこととされています。

ア 動脈血酸素分圧と動脈血炭酸ガス分圧の検査結果による判定

(ァ) 動脈血酸素分圧が50Torr以下のもの

a 呼吸機能の低下により常時介護が必要なものは、第1級

b 呼吸機能の低下により随時介護が必要なものは、第2級

c a及びbに該当しないものは、第3級

とされています

(ィ)動脈血酸素分圧が50Torrを超え60Torr以下のもの

a 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲(37Torr以上43Torr以下をいう。以

下同じ。)にないもので、かつ、呼吸機能の低下により常時介護が必要な

ものは、第1級。

b 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないもので、かつ、呼吸機能の低

下により随時介護が必要なものは、第2級。

c 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないもので、a及びbに該当しな

いものは、第3級。

d a、b及びcに該当しないものは、第5級

とされています。

(ゥ) 動脈血酸素分圧が60Torrを超え70Torr以下のもの

a 動脈血炭素ガス分圧が限界値範囲にないものは、第7級

b aに該当しないものは、第9級

とされています。

(エ) 動脈血酸素分圧が70Torrを超えるもの

動脈血炭素ガス分圧が限界値範囲にないものは、第11級とされています。

 

イ スパイロメトリーの結果及び呼吸困難の程度による判定

(ァ) %1秒量が35以下又は%肺活量が40以下であるもの

a 高度の呼吸困難が認められ、かつ、呼吸機能の低下により常時介護が

必要なものは、第1級 とされています。

*「高度の呼吸困難」とは、呼吸困難のため、連続しておおむね100m

以上歩けないものをいいます(以下同じ。)。

b 高度の呼吸困難が認められ、かつ、呼吸機能の低下により随時介護が

必要なものは、第2級 とされています。

c 高度の呼吸困難が認められ、a及びbに該当しないものは、第3級 とされています。

d 中等度の呼吸困難が認められるものは、第7級とされています。

* 「中等度の呼吸困難」とは、呼吸困難のため、平地でさえ健常者と同

様には歩けないが、自分ペースでなら1km程度の歩行が可能であるもの

をいいます(以下同じ。)。

e 軽度の呼吸困難が認められるものは、第11級とされています。

* 「軽度の呼吸困難」とは、呼吸困難のため、健常者と同様には階段の

昇降ができないものをいいます(以下同じ。)。

(ィ) %1秒量が35を超え55以下又は%肺活量が40を超え60以下であるもの

a 高度又は中等度の呼吸困難が認められるものは、第7級

b 軽度の呼吸困難が認められるものは、第11級

とされています。

(ゥ) %1秒量が55を超え70以下又は%肺活量が60を超え80以下であるもの

高度、中等度又は軽度の呼吸困難が認められるものは、第11級とされています。

ウ 運動負荷試験の結果による判定

ア及びイによる判定では障害等級に該当しないものの、呼吸機能の低下に

よる呼吸困難が認められ、運動負荷試験の結果から明らかに呼吸機能に障害

があると認められるものは、第11級とされています。

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら

東京オフィス(本部)

銀座線 半蔵門線
大江戸線
青山一丁目駅 5・1出口 徒歩4分
〒107-0062
東京都港区南青山2-6-12
アヌシー青山5F

大阪オフィス

堺筋線
堺筋本町駅 17出口 徒歩2分
御堂筋線
本町駅 3・7出口 徒歩5分
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13
大阪国際ビルディング31F
ページTOPへ