上肢について

1 上肢の後遺障害

上肢の後遺障害には、「欠損」、「機能障害」、「変形障害」の3つの類型があります。

⑴ 欠損障害

上肢の切断、離断等による障害が欠損障害です。

ア 「上肢をひじ関節以上で失ったもの」(両上肢の場合1級3号、片方の上肢の場合4級4号)

①肩関節において、肩甲骨と上腕骨を離断したもの、②肩関節とひじ関節との間において上肢を切断したもの、③ひじ関節において、上腕骨と橈骨及び尺骨を離断したもののいずれかをいいます。

イ 「上肢を手関節以上で失ったもの」(両上肢の場合2級3号、片方の上肢の場合5級4号)

①ひじ関節と手関節との間において上肢を切断したもの、②手関節において橈骨及び尺骨とを離断したものをいいます。

 

⑵ 機能障害

三大関節(肩関節、ひじ関節、手関節)の運動が制限された状態のことです。

運動機能の制限が生じたのが両腕か、片腕か、制限の程度がどれくらいかによって認定される後遺障害等級は変わります。

また、三大関節の機能障害ではありませんが、上腕の回内・回外運動(関節を使わずに手を伸ばした状態で動かすことができる、回旋運動のこと)の障害にも後遺障害等級の基準が準用されています。

さらに動揺関節(関節内の筋断裂等によって関節の安定性が失われ、関節が正常よりも大きく動くか、異常な方向に動く状態)についても後遺障害の基準が準用されています。

ア「上肢の用を全廃したもの」(両上肢の場合1級7号、片上肢の場合5級4号)

三大関節のすべてが強直し、かつ、手指の全部の用を廃した状態をいいます。

イ「関節の用を廃したもの」(2関節の場合6級5号、1関節の場合8級6号)

①関節が強直したもの、②関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの、③人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているものがこれに当たります。

なお、「健側(けんそく)」というのは、障害を負っていない健康な側のことです。

ウ「関節の機能に著しい障害を残すもの」(10級9号)

①関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの、(b) 人工関節・人口骨頭を挿入置換した関節のうち、可動域が健側の1/2を超えるものがこれに当たります。

エ「関節の機能に障害を残すもの」(12級6号)

関節の可動域が健側の可動域角度の3/4以下に制限されているものがこれに該当します。

 

⑶ 変形障害

外見上、変形が生じたものです。認定基準上の上肢の変形障害は、「偽関節を残すもの」、「長管骨にゆ合不全を残すもの」の2種類です。

偽関節とは、骨折した骨片間のゆ合機転が止まり、異常可動を示すものをいいます。多くの場合、骨折した部分は癒合していきますが、偽関節とは、ギプスや手術で骨折部分を固定しても、骨と骨が上手くくっつかず、本来は関節がなかった部分にあたかも関節ができたようになる症状をいいます。不安定に動くために痛みが生じる場合もあります。

ア 「偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの」(7級9号)

次のいずれかに該当し,常に硬性補装具を必要とするものをいいます。

a 上腕骨の骨幹部又は骨幹端部(以下「骨幹部等」という。)にゆ合不全を残すもの

b 橈骨(とうこつ)及び尺骨の両方の骨幹部等にゆ合不全を残すもの

イ 「偽関節を残すもの」(8級8号)

以下のいずれかに該当する障害をいいます。

a 上腕骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもので、常に硬性補装具を必要としないもの

b 橈骨(とうこつ)及び尺骨の両方の骨幹部等にゆ合不全を残すもので、常に硬性補装具を必要としないもの

c 橈骨(とうこつ)又は尺骨のいずれか一方の骨幹部等にゆ合不全を残すもので、時々硬性補装具を必要とするもの

ウ 「長管骨に変形を残すもの」(12級8号)

以下のa~fのいずれかに該当する障害をいいます。

なお,同一の長管骨に以下のaからfの障害を複数残す場合でも、第12級8号と認定されます。

a 次のいずれかに該当する場合であって,外部から想見できる程度(15度以上屈曲して不正ゆ合したもの)以上のもの

(イ)上腕骨に変形を残すもの

(ロ)橈骨(とうこつ)及び尺骨の両方に変形を残すもの

(ただし,橈骨又は尺骨のいずれか一方のみの変形であっても,その程度が著しいものはこれに該当する。)

b 上腕骨,橈骨又は尺骨の骨端部にゆ合不全を残すもの

c 橈骨又は尺骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもので,硬性補装具を必要としないもの

d 上腕骨,橈骨又は尺骨の骨端部のほとんどを欠損したもの

e 上腕骨(骨端部を除く)の直径が2/3以下に,又は橈骨若しくは尺骨(それぞれの骨端部を除く)の直径が1/2以下に減少したもの

f 上腕骨が50度以上外旋又は内旋変形ゆ合しているもの

 

欠損障害

1級3号        両上肢をひじ関節以上で失ったもの

2級3号        両上肢を手関節以上で失ったもの

4級4号        1上肢をひじ関節以上で失ったもの

5級4号        1上肢を手関節以上で失ったもの

 

機能障害

1級 4号   両上肢の用を全廃したもの

5級6号   1上肢の用を全廃したもの

6級6号   1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの

8級6号   1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの

10級10号  1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

12級6号   1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

 

動揺関節

10級 常に硬性補装具を必要とするもの 10級(「著しい機能障害」に準じる)

12級 時々硬性補装具を必要とするもの 12級(「(単なる)機能障害」に準じる)

12級 習慣性脱臼           12級(「(単なる)機能障害」に準じる)

 

変形障害

7級9号              1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

8級8号              1上肢に偽関節を残すもの

12級8号          長管骨に変形を残すもの

全国対応 交通事故のご相談は 勝浦総合法律事務所

電話番号:0120-000-0000
フォームからも相談予約できます
事務所の詳しい情報はこちら
ページTOPへ